ホーム > くらし・環境 > 住まい > 建築 > 建築基準法関係 > 【注意喚起】バリアフリートイレに設置する呼出しボタン等の整備不良について

更新日:2022年3月9日

ここから本文です。

【注意喚起】バリアフリートイレに設置する呼出しボタン等の整備不良について

令和3年6月7日、東京地下鉄株式会社の日比谷線八丁堀駅構内バリアフリートイレ内で倒れている利用者が発見され、その後死亡が確認された事象が発生しました。本事象発生後、同社が当該トイレの状態を確認したところ、以下の状況が判明しています。

  1. 呼出しボタン(通報装置)のブレーカーが切状態となっており、ボタンが押されても駅事務所に通報されない状態となっていた(実際に押されたかは不明)
  2. トイレ内に30分以上在室した場合にこれを駅事務室へ警報するためのケーブルが繋がっていなかった(当該利用者は入室後約7時間後に発見された)
  3. 2012年6月の当該トイレ供用開始前の機能確認、及び供用後の定期的な機能確認が行われていなかった

バリアフリートイレに設置される呼出しボタンは、高齢者・障害等がトイレを利用する際に、トイレ内で緊急的な事態が生じたこと外部に知らせるための大切な設備です。
建築物に設置されるバリアフリートイレにおける同様の事案の発生を防止するため、建築物を所有又は管理されている方は、日常的に維持管理、点検を適切に行っていただきますようお願いします。

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課建築行政担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2651

ファックス番号:023-630-2639